貴方は当選確率1/6,096,454にチャレンジしますか

数字を聞いて当たるわけないという人がいますが、絶対に当たらないなんて誰も言いきれません

ロト6無料予想数字をゲットしてギャンブルを攻略

TOP ≫ 確率論でチャンスをつかめるか?

確率論でどうにかなるのか?
ロト6の1等の当選確率は1/6,096,454で、6個の数値は、「1・2・3・4・5・6」でも「12・3・14・27・17・5」でも
当選確率は同じということになりますが、選ばれやすい数値は当選数が多くなりやすいです。
2等よりも3等の当選金のほうが大きくなるという現象は、2等の当選数が多いことで起こります。
つまり、高額配当を狙うならば、予測されにくい数字を選んだほうがいいということです。

適当に「1・2・3・4・5・6」という組合せを選んでしまう人が多く、
この数字で当選しても配当金は少なくなってしまうのです。

ロト6の配当金は、売り上げの45%となっていますし
100万円分のくじを購入した場合、45万円返還されることになるわけですね。
宝くじで3億円当選して、そのお金で3億円分の宝くじを購入したとしても、
戻ってくるのは1億3,500万円という計算になります。
お金にモノを言わせて購入しても、損をしてしまうわけです。

「大富豪は宝くじを買わない」と言われていますが、これは投資としてはマイナスになるからです。
大富豪にとって3億や4億という金額は大したことがありません。
毎日宝くじを当選させるほどの収入を得ている大富豪も当たり前のようにいます。
では、一般の人の場合も買うのは控えたほうがいいのかといえば、必ずしもそうではありません。

抽選日までドキドキしながら待つのは楽しいものですし、
ひと月に10口までというように決められた金額内で購入すればいいのです。

宝くじを買わないとしても、そのお金はどこかに消えていくでしょう。
暴飲暴食をしてお金を浪費するくらいなら、ロト6を購入したほうが当選する可能性がある分だけ有意義だと言えます。
購入口数は当然多いほうが当選確率はアップしますし、10口の購入が最も多くなっています。

当選するために大切なことは、購入し続けることです。
お小遣いから毎月2,000円を捻出して、10口購入するのもいいでしょう。
ムダ使いしているお金を洗い出して、購入資金に充てるわけです。
月の外食の回数を2回も減らせば、2,000円くらいすぐに捻出できますが、
ただ貯金を崩してまで購入するのはおすすめしません。
お小遣いの余剰金の範囲で購入するのがコツです。

成功法は存在するか
失敗するパターンにハマらない