日本の宝くじの筆頭と言えば誰でも知ってるジャンボ

ナンバーズやロトももちろん有名ですが、やはり国民的知名度では群を抜いています

ロト6無料予想数字をゲットしてギャンブルを攻略

TOP ≫ 日本の宝くじ

日本の宝くじ
ニュースを見てると海外では何十億というとんでもない金額が当選する宝くじがありますが、日本の宝くじでは何十億という金額が当たる宝くじは残念ながらありません。
日本にも何十億という金額が当選する宝くじがあったら…なんて考えてしまいますが、そんな宝くじに当たる人というのも何万人、いや何十万何百万に一人という確率なので、確率的に考えてみれば日本の宝くじの確率とは比べ物にならない比率です。そう考えると日本の宝くじの方が当選確率が高いものはたくさんあります。

宝くじと言ってまず思い浮かぶのは「ジャンボ宝くじ」でしょう。
これは年末、サマーなど年間を通して数回発売をされ、最近では前後賞を合わせて5億や6億といった高額当選が話題となっています。宝くじは発売されると毎回ニュースになり、開店前から宝くじ売り場に並び、行列を作っている人達が映されます。こうした光景を見ると「早く並ぶと当選確率が当たるのかな?」と思いますが、どう考えてもそんな事はないと思いますので購入する人の気分の問題だろうなと思っています。

そんな年に数回のジャンボとは別に各都道府県単位で発売をされている宝くじもあります。
ジャンボ宝くじが一枚300円に対して、都道府県単位の宝くじは100円か200円と割安になってますが、その分当選金額も1000万、2000万といった金額になっています。
この金額を高いと思うか安いと思うかは人それぞれでしょう。宝くじで巨額当選することは人生に一度あるかないかでしょうし、せっかくなら3億当選したいと誰でも思うでしょう。どの宝くじが当たる確率が高いかと考えると、純粋にジャンボよりはこうした自治体単位の宝くじの方が高いはずです。

そして最近新しい「7」というのが販売された「ロト」、これも宝くじのひとつです。
今までは6つの数字を当てるという「ロト6」が最高当選額4億円という高額でしたが、この「ロト7」が販売され始めて、最高当選額は6億円になりました。これほどの金額になると当たってほしいという気持ちと裏腹に当たったら怖いと思ってしまうのは小市民の証拠なのかもしれません。

そして「ナンバーズ」も人気の宝くじです。
ロトと一緒で「好きな数字を選ぶ」だけという手軽さと自分で数字を選べるという事が人気なのだと思いますが、こうした宝くじを購入すると買い続けてしまうという状態になるんです。その証拠が私自身で「ロト6」で同じ数字を10年近く連続して購入しています。どうしてやめられないか、それはもし自分が購入しなかった回に自分がいつも購入している数字が当選していたらと思うと、欲がでてしまってやめられないんです。
宝くじは夢を買うものだと思って気楽な気持ちで購入していきたいものです。

大好きな楽しみ方
宝くじを買う人の傾向
高額当選したら叶えたい夢